Noblesse|ナイスの免震マンション|地震の揺れを軽減する

分譲マンション

地震は必ず発生する

地震大国、日本。この言葉を耳にするたびに、不安を感じたり心が重くなったりします。でも、そんな日本で暮らしていくためには、事実を受けとめ、対策を施すことが不可欠なのです。

30年以内に70%の確率で発生すると予測される首都直下型地震。

予測

地震大国、日本。この言葉を耳にするたびに、不安を感じたり心が重くなったりします。でも、そんな日本で暮らしていくためには、事実を受けとめ、対策を施すことが不可欠なのです。

江戸時代から400年間で破壊的大地震が70回以上発生。

発生

日本で発生している地震は、1993年から2013年までの20年間だけでも最大震度6弱以上の大規模地震が24回。2013年の人の身体に感じる有感地震は2,387回でした。もっとも身近に記憶されているのは、1995年の阪神・淡路大震災と2011年の東日本大震災ですが、実はこの大地震は1980年から30年間に起こると予測されていましたから、まさに起こるべきして起きているといえます。

4つのプレートの重なりが世界の約2割もの地震を発生。

地形

地震はプレートの境界で発生しますが、特に日本は北米、太平洋、ユーラシア、フィリピン海の4つのプレートに挟まれた位置にあることから、世界で発生する地震の約2割が日本付近で発生し、人の身体に感じる地震だけでも1日に6~7回発生しています。つまり、日本は世界のどこよりも地震への備えが必要な国なのです。

巨大地震による全壊・焼失予測棟数は、南海トラフ巨大地震で238万棟超、首都直下型地震で61万棟。甚大な被害を及ぼした東日本大震災では約13万棟であったことを考えると、桁違いの被害想定です。これに向け、政府の最終報告書では、大前提として建築物の耐震化を推進する必要性が強調され、耐震化率が100%となることで被害者数を85%減らせるとされました。

地震大国、日本。この言葉を耳にするたびに、 不安を感じたり心が重くなったりします。 でも、そんな日本で暮らしていくためには、 事実を受けとめ、対策を施すことが不可欠なのです。

↑