消費税10%にアップUP

2019年10月に、消費税は8%から10%へ引き上げ(予定)。この増税により、建物にかかる価格が上昇します!
そして、お得な不動産の税制優遇も変わります! さらに、今後の金利上昇や建築費高騰の可能性も考えると、

増税前の今こそ、“家の建て時”です。

増税前8%で家を建てるために2019年3月31日までに請負契約を

消費税8%のままで家を建てるには、来年9月30日までに建物のお引き渡しを受けなければなりません。
もしくは来年3月31日までにご契約いただくことが条件です。通常、ご契約から建築、お引き渡しまで、6ヵ月はかかります。お早めにご検討ください。

増税前8%で家を建てるために2019年3月31日までに請負契約を

※掲載の内容は2018年11月のものです。国の施策などにより、変更・中止になる場合があります。

消費税増税によって、負担が増える!

消費税増税によって、負担が増える

※1.住宅価格は「建物価格」と「土地価格」の合算ですが、「土地価格」には消費税が課税されません。

  • 建築費2,500万円の場合、増税前の今なら

    50万円お得に!

    消費税10%への引き上げは、家を建てる費用が高額になればなるほど、大きな負担に。建築費が2,500万円の場合、消費税は8%なら200万円、10%なら250万円。増税前の今、家を建てれば、50万円お得になります。

    増税前なら50万円お得に

    増税前なら50万円お得に

  • 税制優遇も増税前の

    今がお得!

    「すまい給付金」は、消費税が10%になると給付される収入の上限が引き上げられ、給付額もアップ。しかし増税により実質負担が増えるので、増税前の今がお得です。

    税制優遇も増税前の今がお得

    ※年収目安は、住宅取得する場合のもので、夫・妻(扶養)と中学生以下の子供2人の世帯がモデルです。また、現金で住宅購入する場合は、年齢50歳以上で年収目安650万円以下の方が対象です。詳しくは国土交通省「すまい給付金」ホームページをご覧ください。

    給付額はアップしていますが、
    増税分を差し引くと・・・

    実質負担額は増税前の今がお得!

「住宅ローン減税制度」は増税後も変わりません。
ナイスの長期優良住宅なら、最大500万円控除!

※主な条件は[①自ら居住するための住宅②床面積が50㎡以上③所得が3,000万円以下④住宅ローンの借入期間が10年以上]です。詳しくは国土交通省または国税庁のホームページをご覧ください。

住宅ローン減税制度


FOLLOW US